双極性障害とは?詳しい症状や向いている仕事について

双極性障害

概要

双極性障害をご存知でしょうか?日本での有病率は0.7%とされています。「こころの風邪」と呼ばれるうつ病は7%程度ですので、うつ病ほどありふれた病気ではありません。

双極性障害とは、名前にある通り2つの「極」に気分が大きく振れる病気です。高揚したり、落ち込んだりと大きな気分の揺れを繰り返します。

気分が高揚した際には「自分はなんでもできる」と自尊心が肥大してしまい、今までにないような仕事の取り組み方をしたり、莫大な金額の買い物をしてしまったりということがあります。その結果気分が落ち着いたとしても、仕事を失ってしまっていたり、借金を作ってしまったりと、社会的な損失が出てくることもあります。

しかしながら双極性障害は、薬物療法と、自分で症状が再発するリスクを知ることなどで再発をコントロールし、落ち着いた生活を送ることが出来ます。

今回は、双極性障害の症状や原因、対策についてご説明していきます。

双極性障害ってどんな病気?

双極性障害の症状

双極性障害は“躁病エピソード”“抑うつエピソード”を交互に繰り返す精神疾患のひとつです。エピソードとは、状態、つまり躁病の状態、うつ病の状態と言い換えることもできるでしょう。躁病の状態と、うつ病の状態がある間隔ごとに繰り返されるのが双極性障害です。

躁病エピソードと、抑うつエピソードにあらわれる代表的な症状をご紹介します。

●抑うつエピソード:抑うつ気分、あるいは興味や喜びの減退(うつ病の“2大症状”)
 ・食欲低下または増加
 ・不眠または過眠
 ・疲労感・気力の減退
 ・無価値感、罪責感
 ・思考力や集中力の減退、決断困難
 ・希死念慮(死についての反復的思考)や自殺企図
●躁病エピソード:気分が異常かつ長い時間高揚する
 ・自尊心の肥大・誇大
 ・睡眠欲求の減少
 ・多弁
 ・注意緩慢
 ・観念奔逸(次から次へとさまざまなイメージが湧いてくること)
 ・困った結果につながる可能性が高い活動への熱中:性行為や買い物漁りや投資
 ・目標指向性の活動または精神運動焦燥
(引用:臨床心理士試験徹底対策テキスト&予想問題集

双極性障害は、躁病エピソードの程度により、双極Ⅰ型障害双極Ⅱ型障害に分類されます。

双極性Ⅰ型障害は、躁病エピソードの程度が重く、社会活動に著しい支障を及ぼし、周りから見ても「異常」なことは明白です。このような躁病エピソードが少なくとも一週間以上続きます。

双極Ⅱ型障害は社会活動に支障を及ぼすことはなく、周りから見て「元気な人」「テンションがハイ」くらいのレベルと言われています。軽躁エピソードは4日間続くとされています。

双極Ⅰ型障害は躁病エピソードだけがみられる状態か、あるいは躁病エピソードと抑うつエピソードをある間隔で繰り返し生じている際に診断がつけられます。双極Ⅱ型障害は軽躁エピソードと抑うつエピソードを繰り返している際に診断されます。

また、躁病エピソードと抑うつエピソードの間は、まったく症状がありません。そのため、本人も周囲も「あのテンションの高さは一時の気分の波」だったのではないかと、病気そのものを疑ってしまうことがありますが、その間も予防的治療をしなければ、また症状が起きてくるのが一般的な経過です。

双極性障害の原因

双極性障害ははっきりとした原因は明らかになっていませんが、“遺伝性”が強く、「脳の病気」と考えられています。家族や親せきに双極性障害と診断された方がいる場合、本人が現在うつ病エピソードしか発症していなくとも、将来的に躁病エピソードが発症する可能性があり、双極性障害を疑います。

うつ病はストレスなど周囲の環境からの負荷や、本人の性格的な傾向なども絡まって発症することが多いですが、双極性障害の場合は「脳の病気」と捉える側面が強く、治療は“薬物療法”が第一選択となります。

双極性障害の治療と対策

薬物療法を継続することが大事

双極性障害はストレスなどで生じるのではなく、「脳の病気」の側面が強い精神疾患ですので、薬物療法が非常に重要となります。

薬物療法が重要な治療法である一方で、病気(症状)が否認される傾向があり、薬物療法が順調に進まないことがあります。というのも双極性障害の躁病エピソードが徐々に強く出ているときには自尊心が肥大し、周囲がテンションの高さを指摘しても「自分は病気じゃないから」「薬を飲む必要なんてない」と病気・症状自体を否認してしまうのです。

また、躁病エピソードの際の頭の回転の速さや、爽快感のある方が普通であると認識してしまうと、薬を飲んで頭の回転が落ち着いたときに、本人にとって「頭の働きが落ちた」のは、「薬のせい」という考え方をし、服薬の拒否につながってしまうことがあります。

さらに、躁病エピソードと抑うつエピソードの間には、まったく症状のない期間が存在します。この期間に入り、本人も周囲も「治った」とか、「あれは一時的な気分の波だった」と考えてしまうと、服薬を中断してしまうことがあります。服薬を中断することで再びエピソードが生じる可能性が高くなってしまうのです。

双極性障害の治療目標は、症状が治まれば治療が終了するのではなく、症状が治まったあとに、“再度症状を繰り返さない”という部分に焦点が置かれます。薬物療法を第一に、双極性障害とはどんな病気でどんな治療や対策が必要なのか、心理教育を通して学んでいくことが基本となります。

対人関係・社会リズム療法

双極性障害の治療は薬物療法と心理教育が基本ですが、その他に症状をコントロールできるようにするための対策として、家族療法や認知行動療法、対人関係・社会リズム療法があります。ここでは、対人関係・社会リズム療法をご紹介します。

対人関係・社会リズム療法は、薬物療法との併用により、双極Ⅰ型障害の患者のエピソード再発予防効果と、双極Ⅱ型障害の患者のエピソード再発予防効果と、双極Ⅰ型・Ⅱ型障害のうつ状態の治療効果および対人関係機能等の改善効果があるということが、科学的な研究によって示されています。
(引用:対人関係双極性障害 躁うつ病への対人関係・社会リズム療法療法でなおす

双極性障害の治療目的は、エピソードの再発予防になります。対人関係・社会リズム療法は、双極性障害のエピソード再発予防効果が証明されています。

ここでは、社会リズムと呼ばれる、社会(人)とどのくらいの刺激の強さで関わったか、その時間と刺激の強さ、そしてその日の気分を記録していきます。具体的には、

起床した時刻
人と初めて接触した時刻
仕事や学校、家事を始めた時刻
夕食をとった時刻
就寝した時刻

などの時刻と、そこにいた人の刺激を記録していきます。人の刺激に関しては、以下の方法で記録を行います。

・自分がひとりだったら0
・他人がただそこにいたのであれば1
・他人が積極的であれば2
・他人がとても刺激的であれば3

気分については、以下の方法で記録をしていきます。

・非常にうつ的な気分であったのなら-5
・非常に高揚していたのであれば+5

これらの記録を継続していくことで、気分が落ち込みそうなとき、高揚しそうなときのリスクに気づくことができます。そのリスクとなる行動を減らすことで、躁病エピソード、抑うつエピソードの発生をコントロールしていくというわけです。

対人関係については、現在進行中の対人関係と、症状や気持ちとの関連に注目していきます(参考:対人関係双極性障害 躁うつ病への対人関係・社会リズム療法療法でなおす )。

この対人関係・社会リズム療法を薬物療法と並行して行うことで、対人関係のストレスと社会(生活)リズムの乱れによる症状の引き金を認識し、落ち着いた生活を送ることができるようになってきます。

双極性障害の方に向いている仕事


双極性障害の方は、対人交流や仕事の量など周囲の刺激の変化が大きいとエピソードを発症するリスクが高くなるため、一般的に、仕事の量やペースが大きく変化しない仕事が向いていると言えます。マイペースに取り組める仕事が向いています。

コミュニケーション能力が高く問われる仕事や、人を相手とする接客や営業などもトラブルとなってしまうことも多く、あまり向いていないでしょう。

そして、職場の理解を得ることが非常に大切です。職場の人たちに双極性障害の躁状態と抑うつ状態の場合にどのような状態になるのか事前に知っておいてもらうのです。双極性障害は自分では症状に気づきにくい側面をもつ病気です。周囲の人の、ひと声が発症の気づきになることも数多くあるのです。

また、双極性障害は創造性が高く、芸術的な職業において発揮されることがあると述べる精神科医もいます。

大規模な質問紙法によって実施された研究では、創造性と生産的な職業との関係について検討がなされた。・・・創造的な職業に従事している人々の中に、双極性障害がより頻繁に認められるようである。
(引用:双極性障害 (文庫クセジュ)

芸術家のゴッホも双極性障害の一面をもっていました。双極性障害の方の中には、感情的に揺さぶられやすく敏感、不安定な面を持ちながらも、一方では創造性に優れた天才的な能力を発揮した人がいたようです。

まとめ

双極性障害は薬物療法と心理教育を基本とし、躁病あるいは抑うつエピソードの再発を予防していくことが治療の目標となります。

まずは、病気を受け入れることが治療のための最初のハードルとなります。病気を受け入れてはじめて、対策をとれるようになります。そしてその対策として、エピソードとエピソードの間の症状のない期間をいかに予防的に過ごすことができるかどうかが、症状をコントロールするカギとなってきます。

そのため、自分が、あるいは周囲が、「早めに」エピソード再発の“サイン”に気付くことはとても大切です。

いつもよりも「元気だな」と安易に判断することなく、躁病エピソードを疑って早めに主治医に相談するようにしましょう。症状再発のサインに早めに対処していくことで、徐々に症状がコントロールされ、落ち着いた生活を送ることができます。

関連図書:

  

この記事を書いた人

匿名希望

地方在住、病院勤務の公認心理師&臨床心理士です。
悩んでいる方のお手伝いができるよう日々勉強しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました