「内向型」の特徴を学んで、家にいる時間を楽しもう!②

内向型

概要

私は前回次のような記事を書かせていただきました。

「内向型」の特徴を学んで、家にいる時間を楽しもう!①
今回の記事では、私たちがどのようにしたら「内向型」の特徴を身につけ、一人の時間を楽しめるようになるのかを紹介いたします!

今回はその続きとなります。

まずは金曜日の夜は家にいてみる

家で長時間過ごすとストレスが溜まってしょうがないという方は、まずは金曜日の夜だけ家にいることがおすすめです。

外で遊ぶことが好きな方にとって、金曜日の夜は最高の夜だと思います。次の日のことを考える必要はありませんし、なにより町の開放的な雰囲気に誘われてついつい町に繰り出してしまいたくなります。

そんな方でも今は家にいる必要があります。しかし、どうしても外に出かけて散歩に行ったり、スーパーに買い出しに行ったりしたいという方は、金曜日の夜だけ我慢するのがよいかもしれません。

もし、それでも「いや、私は外に出たい!」という方は次のことを考えてみてください。

あなたは「もし友達が予定をキャンセルしてくれたら」と考えたことはありますか?そうしたら家に帰ってゆっくりNetflixの続きをみれるのに...。あなたは今までにパーティの誘いに「イエス」と答えて後悔したこともあるんじゃないでしょうか?もしそうなら、あなたには「内向型」の傾向があります。 - How to Become an Introvert

部屋を快適にしてみる

「どうしても家にいるのが嫌だ!」という方がいたら、それはもしかして家が快適じゃないからかもしれません。家が快適になれば、自然と家にいることが心地よいと感じるようになり、家にいる時間も増えることでしょう。

例えば家が散らかっている方は家の掃除をするのもよいかもしれませんし、家具がなんだか物足りないと思う方は新しい家具を新調するのもよいかもしれません。家は生活の大部分を過ごす場所ですから、快適であるに越したことはありません。 自分の好ききな空間で過ごす時間はきっと何にも代えがたいものとなるでしょう。

もしあなたが多くの時間を一人で過ごさなければならないとしたら、生活空間を「聖域」にしてみるのもありまもしれません。あなたが好きな空間を作りましょう。あなたはろうそくや香りのするものが好きで、好きな本に囲まれるのが好きかもしれませんし、または小さな冷蔵庫やレコードプレーヤーなど、すべてが心地よい椅子から手の届く範囲にあったら...。頭の中で快適な空間を思い浮かべてみましょう。- How to Become an Introvert

まとめ

2回の記事に渡って、私たちが家で楽しく過ごすための方法について紹介いたしました。もしかしたら多くの「内向型」の人はすでに実践済みのものがあったかもしれません。しかし、実際に実践すると、もしかしたら家で過ごす時間が愛おしくなるかもしれません。すると、自分の新たな可能性に気づけるのではないでしょうか?

2回に渡る記事のまとめ次のようになっております。

「内向型」の特徴を学んで、家にいる時間を楽しもう!①
・「内向型」の人は「恥ずかしがり屋」というわけではない
・一人の趣味を探してみる

「内向型」の特徴を学んで、家にいる時間を楽しもう!②
・まずは金曜日の夜は家にいてみる
・部屋を快適にしてみる

以上です!今回の記事が読んでいただける方の参考になれば幸いです。

この記事を書いた人

ミニマメンタル管理人

「ミニマメンタル」の管理人。
普段からメンタルヘルスに興味があり、元々好きだった「ミニマリスト」と掛け合わせて新たなサポートの形を提供するべく当ブログを設立。

コメント

タイトルとURLをコピーしました