お金は幸せをもたらすのか

ミニマリスト

はじめに

お金は私たちが日々の暮らしをしていくうえで必要なものです。全くお金がなくても生きていけるという人はいないでしょうし、私たちが日々働いているのも、お金を得ることが大きな目的の一つです。

それでは、お金は幸せをもたらすのでしょうか。世の中には、お金が増えれば増えるほど幸せも増していくという考えの人がいます。

その一方で、どれだけお金があっても買えない幸せがあると考えている人もいます。確かに、お金が増えれば倹約に頭を悩まされたり、好きな物を我慢したりすることも少なくなるはずです。対して、友人や家族といった人とのつながりはお金では買えない幸せの一つです。

実は、お金と幸福度との関係については心理学や経済学など様々な分野で長年にわたり研究されてきました。そこで、今回はそうした研究の一部を紹介しながらお金と幸福度の関係について考えていきたいと思います。

収入と幸せの関係

お金と幸福度はどこまで比例する?

お金と幸せの関係と言われると、やはり収入と幸福度は比例するのかということが思い浮かぶのではないでしょうか。収入が増えれば、その分食事や健康、趣味といった様々な幸福に関わると考えられるものにお金をかけることができるようになります。

そう考えると、やはり収入が高いことは幸福度の高さと関係していると推測されます。

ですが、アメリカのある研究では、収入が高ければ高くなるほど幸福感も高くなるわけではない、ということが示されました。

この研究では、対象者を年間の世帯収入によっていくつかのグループに分類し、幸福感の違いを調査しました。

その結果、年間の世帯収入が50,000~89,999ドルのグループと90,000ドル以上のグループでは「非常に幸せ」と回答した割合にほとんど差が見られなかったことが分かりました。(Would You Be Happier If You Were Richer?)。

つまり、ある水準までは年収が上がるごとに幸福度も上昇しますが、そのレベルを超えてしまうと幸福度はほとんど変化しなくなってしまうということです。

他の研究では、幸福感を日々の感情的な側面と自分の人生に対する評価という側面に分けて、収入との関連を調べました。その研究でも、ポジティブな感情は年収が75000ドル以上になるとほとんど向上しないということが示されました。

人生に対する評価はもう少しお金と関係している?

一方、人生に対する評価は年収160000ドル程度まで比例することが報告されました(High income improves evaluation of life but not emotional well-being)。

以上の研究からは、飽和点はあるものの収入と幸福度が関連していることが分かりました。では、収入と幸福度はどうして関連するのでしょうか?それには自尊感情が関係しているかもしれません。

国内で行われたある研究は、自尊感情のうちでも優越感と他者評価の側面が幸福感と関係していることを明らかにしました。

ここでいう優越感とは、自分は普通の人以上の魅力を持っている、自分の能力は周りの人と比べて高いといった感覚のことです。他者評価とは、自分は周りの人から評価されている、信頼されているといった感覚のことです。

これらの優れているという感覚や他者から評価されているという感覚は、人生に対する満足度と正の相関があり、抑うつや不安などのネガティブな感情と負の相関があり、その影響は他者評価よりも優越感のほうが大きかったことも明らかになりました(自尊感情が主観的幸福感へ及ぼす影響の検討)。

全ての人がそうであるというわけではないですが、収入を一種のステータスとして考える人は多いのではないでしょうか。収入の多さがある点まで幸福度と関連があるのは、こうした自尊感情の問題もあるのかもしれません。

お金の使い方は幸福度に影響するか?

ところで、お金の使い道にはどのようなものがあるでしょうか。食費、家賃、娯楽費、光熱費、美容代など数え上げればきりがありません。

生活に欠かせないものに使う場合もあれば、自分の好きな物のために使う場合もあります。自分のことだけでなく、誰かのために使うこともあります。物を買うことではなく、旅行や登山、キャンプなど体験にかけるお金のほうが多いという人もいるでしょう。

ここではお金の使い方の違いが幸福とかかわってくるのかについてご紹介します。

誰かのためにお金を使うと幸せになれる?

そもそも、人の幸福感を高めるものには何があるのでしょうか。健康な生活や趣味、友人関係などさまざまな要因が考えられます。

他にも、誰かのためになることをした時にも幸福感は高まると考えられます。

実際、友人・知人、他人に対する利他行動の頻度は幸福感の高さと関係しているという研究結果もあります(利他行動が行為者の主観的幸福感に与える影響)。

利他行動の頻度が幸福感と関係しているのならば、贈り物や寄付といった誰かのためにお金を使うことは幸福度を高めると考えられます。

アメリカの研究者が行った実験は、お金を自分のために使うより、他人のために使うほうが幸福感を強く感じるということを示しています。

その実験では、すべての参加者にお金(5ドルか20ドル)を与え、半数に対しては自分のためにお金を使うように、残りの半数には誰かのためにお金を使うように指示しました。その後、それぞれの参加者の幸福感を調査すると、お金を誰かのために使った参加者のほうがより幸福感を感じていました(Spending Money on Others Promotes Happiness)。

このことから考えると、幸福感を高めるために効果的なお金の使い方は自分のためだけでなく、誰かのために使うお金を増やすということかもしれません。

物を買うより体験を買うほうがいい?

他にも、物にお金を使うことと体験のためにお金を使うことでも幸福度に違いがあるようです。

出費行動について科学的な研究を進めた結果、物にお金を使うよりも、体験のために出費した方が一般的には幸福度が高いことが分かったという。例えば友人との夕食や休暇などは一時的な体験にもかかわらず、テレビやコンピューターやスマートフォンなど持続する物を買うより幸福になれる傾向があった。
(引用:「幸せはお金で買える」ただし使い方次第)

友人との夕食や休暇は互いの絆が深まったり、新しい場所を訪れたりするため思い出ができることが幸福度に影響を及ぼしているようです。 一方、スマートフォンやテレビ、パソコンは一人で使うことが多いのでそうした効果が小さいのだと考えられます。

また、パソコンやスマートフォンなどの高額商品を買うことにはマイナスな一面もあります。例えば、値段のことで購入前から悩んだり、購入後の設定でストレスがたまるといったことです。

実は、休暇の場合には出発の前日が最も幸福度が高くなるそうです。旅行に出発する前夜にウキウキしてよく眠れなかった経験がある人もいるのではないでしょうか。

もちろん、旅行やデートでも嫌なことやトラブルがあったりします。しかし、体験は一時的で消えてしまうものだからこそ、素晴らしい現実をつくりあげ幸せになることができるのだそうです。

まとめ

ある基準までなら、収入は幸せをもたらします。しかし、その基準を超えると幸福はほとんど変化しません。お金をあまりに求めすぎるのは、幸せのための良い方法とはいえないのかもしれません。

確かに、お金の多さは、その人の成功を測る一つのものさしになりえます。そのため、多くの人がお金を際限なく追い求め続けます。

しかし、そのために他のものを犠牲にしては元も子もありません。 イギリスの数学者でもあり哲学者でもあるラッセルは、その著書『幸福論』において以下のようなことを述べています。

金というものが、ある一点までは、幸福を増大するために非常に役立つものであることを、私も否定しない。しかしその一点をこえてなお、金が幸福を増大せしめるとは思わない。…成功は幸福の中のひとつの要素になりうる、けれども、もし他のあらゆる要素が成功を獲得するために犠牲にされたとしたら、成功の値はあまりに高価すぎる。
(『幸福論』)

また、お金は自分のためだけでなく誰かのために使うこと、物を買うより体験を買うことがより幸せを高めます。もちろん、自分のために使ったり、物を買うことにお金をかけることが幸せにつながらないというわけではありません。

ですが、物や情報があふれかえる現代において、幸せへの近道はたくさんの物を所有することではなく、誰かのため、そして自らの体験にお金を使うことなのかもしれません。

この記事を書いた人

匿名希望

地方在住。大学では、心理学・教育学、特に発達障害について学ぶ。生きづらさや悩みを解消するために少しでも役に立てれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました